• 企業理念
  • 代表挨拶
  • 会社概要
  • 会社沿革
  • 創業者について

<< 企業理念 >>

<< 代表挨拶 >>

 株式会社企画商事のホームページにご訪問頂き、誠にありがとうございます。
 ご案内に先立ちましてご挨拶申し上げます。
 弊社は昭和42年に塗料の専門の販売店として創業以来、堅実に歩み続けて参りました。
 塗料は我々の視界にある殆どと申し上げてもよいほどに使用されております。例をあげれば、建築物の屋根、外壁、床、天井、自動車、電車のボディ、道路の区画線、橋、ダム、船舶、航空機、家具や家電製品など美装・保護・機能性を必要とされるところに全てにコーティングされております。
 また、近年では二酸化炭素の排出により、地球の温暖化からくる異常気象現象やフロンの排出によるオゾン層破壊が発生し、それによって大量に降り注ぐ有害紫外線が皮膚がんの原因になることが報告されて、地球規模での環境問題に対しての真剣な取り組みがなされております。
 私共の塗料の業界も環境問題に取り組んでおります。シックハウス問題対策と致しましては、トルエン、キシレンなどの有機溶剤を含まない製品や鉛、クロムフリーの製品、ヒートアイランド現象を低減する遮熱塗料、汚れを分解し酸素を発生する光触媒など地球環境に優しい塗料などが開発され、環境保護に役立っております。
弊社といたしましても今後も社員一丸となって誠心誠意、より一層培った知識とノウハウを生かしまして、さまざまな用途に応じた機能性のあるECO商品をご提供させて頂きたいと考えております。
 詳しくは、このホームページにてご紹介申し上げます。 何卒宜しくお引き立てを賜ります様お願い申し上げます。

代表取締役 栗野 勝

塗料で科学する

 表題の『塗料で化学する』は化学工業分野についてはハイテク新素材が開発されると塗料化されることにより、素材の美装や保護、とりわけ近年は高機能性を付与したコーティング産業や暮らしの社会に大きく貢献しております。
 例を挙げますと電子・電気製品の内部にある電子部品のデジタル化に伴い、電磁波を発生し易くなっており、この電磁波により周辺機器や心臓のペースメーカー等、人体への影響があることが社会でも取り上げられています。
 この電磁波が周りの電子機器に影響し、ノイズ障害を起こしています。これを電磁波干渉(EMI)と言います。また身の回りの家電製品は外観からプラスチックで出来ていることが多く、プラスチックは静電気を帯電し易く、この静電気の放電(ESD)で製品の損傷や作動の遅れ、誤作動を引き起こします。
 このEMIやESDを防止することを電磁波シールドと言います。電磁波シールドの機能を付与した塗料も開発されています。まだ様々な課題・問題点もありますが、さらに研究・開発されて改善していくものと期待しています。
 『塗料で化学する』はこのような意味合いを込めています。お客様の技術的な悩み事、お困りごとをお伺いして、真摯に受け止め、ご一緒に考えて、最善策となるような製品をご提供させていただきたいと思います。
 何卒宜しくお引き立てを賜ります様お願い申し上げます。

<< 会社概要 >>

会社の商号 株式会社企画商事
代表者 代表取締役社長 栗野 勝
本社所在地 〒950−0134
新潟市江南区曙町3丁目13−28  地図はこちら
TEL 025−381−1991
FAX 025−381−1997
調色工場・倉庫 上記に同じ
新潟営業所 〒950−0964
新潟市中央区網川原1丁目2−11
TEL 025−284−2181
FAX 025−284−1941
長岡営業所 〒940-1163
新潟県長岡市平島3丁目97 平島ハイツ101
TEL 0258-23-7733
FAX 0258-23-7744
倉庫 〒950−0015
新潟市東区河渡庚296−40
創業 昭和42年12月
設立 昭和50年4月
資本金 1500万円
取引銀行 第四銀行 出来島支店 三井住友銀行 新潟支店
特約店契約 大日本塗料株式会社 三菱商事株式会社
取扱品目 塗料 溶剤 油脂 化成品 塗装機器 副資材
業種別構成 重防食塗料
建築塗料
工業焼付塗料
道路面標示塗料
自動車塗料
特殊塗料
25%
25%
20%
10%
10%
10%
最終納品先 国土交通省 NEXCO東日本
日本下水道事業団 新潟県 北陸ガス
JR東日本 東北電力梶@東京電力
県内主要化学プラント工場
取得免許 毒物劇物一般販売業 新保―237号
危険物屋内貯蔵所 亀田町指令消347号
一般建設業新潟県知事許可(般―16)第41736号塗装工事業
機械設備 調色用コンピューターCCM 1台
調色機ディスパー 2台
調色機リフト 1台

<< 会社沿革 >>

昭和42年12月 前社長栗野忠雄が個人経営で塗料販売を新潟市下所島に開業。
昭和50年4月 資本金600万円をもって法人組織へと改め、
社名を株式会社企画商事とする。
新潟市網川原に事務所1棟 危険物倉庫1棟新築移転
平成4年7月 業容の発展とともに販売面の充実をはかり、亀田町(現本社)に 本社 事務所1棟 危険物倉庫1棟 調色工場1棟建設着工。
平成4年12月 本社新社屋完工 亀田町に移転。従来の事務所は営業所とする。
平成7年5月 資本金を1000万円に増資。
平成9年3月 資本金を1500万円に増資。
平成10年7月 コンピューターCCMにより調色システム導入。
平成13年2月 代表取締役社長栗野忠雄が退任し、会長に就任。
取締役部長栗野勝が代表取締役社長に就任。
平成21年6月 新潟県長岡市に営業所開設。

<< 豊富な知識で、画期的な事業に取り組む >>

本項は、「国際画報」1983年 5月号 掲載  探訪!地域に生きる人々を訪ねて
特別ゲスト記者が、全国各地に躍進を続ける企業を尋ねるシリーズ
企業を支える人々と多彩なゲスト記者との一問一答に、その人となりを見いだす
上記より本文は要約いたしました。

ゲスト記者 倉石 功
代表取締役 栗野 忠雄

出典:「国際画報」5月号/1983昭和58年5月1日発行
発行所 株式会社国際画報社
株式会社国際企画
今田製版印刷(株)

記者会社の沿革について

栗野最初は、塗料関係のこういった会社に勤めておりましたが、その後、28才の時に独立しまして、個人でやっておりました。法人として創業し始めたのが、昭和50年の4月です。

記者企画商事というネーミングは、何か由来のようなものがあるのか、名前から、塗料関係の会社と察するのは、なかなか難しいと思えるが

栗野私の兄弟が、道路関係の塗装部門の会社をやっているものですから、その商事部門を兼ねる意味で、こういう名前にしたのです。

記者具体的に、どういった仕事をされているか

栗野うちは、自動車の修理関係、造船関係、建築塗装関係への販売が主な仕事です。(1983年当時)

記者昔と今では、塗料製品もずいぶん変わってきていると思うがどうか

栗野そうですね。昔は、いわゆる油と粉を合わせたペンキでしたが、今は化学反応を起こして、いろいろな効果を出す塗料が出来ていますので、私も、月に1〜2度は研修に赴いて、新製品に即した勉強をしています。

記者そうであると、常に新しいものに目を向けなければ、取り残されるし、大変な商売であるが、これまで、この業界でやってこられたわけだが、1番悩まされていることは、どういったことか

栗野先ほども申しましたように、最近は商品が非常に多様化してきていますので、商品を覚えるだけでも、半年から1年かかるわけです。従って、完全に営業知識をマスターするのに、4〜5年はかかります。そうなりますと、人材の育成にも時間がかかるということになるわけです。

記者その育成については、どういう指導をされているか

栗野新入社員への教育は、まず商品名を覚えさせることから始めます。次にユーザー様を覚えさせて、最後の段階で、その製品がどのような場所で使用されるか、その用途はどういうものかを教え込みます。

記者経営者として一番心掛けている、経営理念のようなものはなにか

栗野一口に言えば、お客様に対して真面目にお付き合いするということですね。私も、個性が強い方ですので、お客様と衝突することがしばしばあるわけですから、こちらといたしましては、誠心誠意お付き合いしていますので、お客様もわかって頂けていると思います。ただ、営業マンにとって売ることよりもむしろ、集金業務の方が難しいものですから、人間関係が大切になってくるわけです。そういった意味でも、お客様とのつながりを大切にしていきたいですね。

記者最後に、長い目でみた経営設計というか、展望のようなものは何か

栗野将来は中堅以上の会社にしたいですね。以前私を育ててくれた会社より大きくしたいと思っています。それと現在進行中の企画がうまくいくように頑張りたいですね。

記者その企画とは、具体的にどういうことか

栗野無形商品の販売です。私どもは直接、塗装工事や施工などが出来ないわけですから、工事施工屋さんにお客様を紹介するという企画です。お客様にとっても便利ですし、工事施工屋さんにとっても利益になります。ぜひとも成功させたいと思います。

出典:「国際画報」5月号/1983昭和58年5月1日発行
発行所 株式会社国際画報社
株式会社国際企画
今田製版印刷(株)

2015 Copyright Kikaku Corporation. All Rights Reserved.